ブログトップ

今年もやって来たコイツら

もう5日も前なのだけど、我が家に毎年来てるツバメが今年もやって来たのである。
P4125620.jpg
汚ねえ。
まあいい。いつのまにか増築してやがったな。こいつらは恐らくこの巣から巣立った血統であろう。ここ10数年この時期になると、この巣に一直線にやって来て卵を産みやがるのである。静岡市のどこでもツバメの姿を見ないので、オレの知る限り静岡で一番早くやって来るツバメだと思われる。時には1シーズン2回の巣立ちを見ることがある。
猫対策とか掃除とかやたらめんどくせえしピーピーギャーギャーうるせえ奴らだが、ヒナが生まれりゃ嬉しいし巣立てばまた嬉しいし可愛い奴らでもある。

・・・?山行かねえのかって?山?うん、山か。
スポンサーサイト

ブログトップ

ついにパクリネタに手を出す。

2017.03.19

ぺヤング「にんにくMAX」
P3195486.jpg
ひま潰しにドンキをぶらぶらしてる時に見つけたのである。スーパーのプロフェッショナルレジマスターレジェンドのヨメによると、すでにスーパーでは見かけなくなったという。

P3195487.jpg
ムスメが「やめろ」と制止するも実食強行なのである。

P3195488.jpg
ぶはっぶほっ!うぐぅ、くっさ!むわぁ…ゆ…湯気で目が痛てぇ…まずぃ…
「おとうさんおくちくさーい」
うぐをぅ…
「おとうさんおくちくさーい」
ぐぅ…
「おとうさんおくちくさーい」
・・・
・・・
チーン…

「おとうさんおくちくさーい」

うるせえわ。

ブログトップ

不定期更新

2017.03.04
去年夫婦喧嘩に乗じてプチ家出をし、長野県側から塩見岳をやった時にソースカツ丼が美味かったという話をヨメとムスメに自慢したら「おれらも行くぞコラ」と言うことになり小銭貯金(ほとんどオレの財布から没収)を始めやがって、目標金額が貯まってとうとうその日がやってきたのでした。

P3045245.jpg
長野県伊那市「青い搭」に開店前に到着。一番乗りだったが開店直後から続々客が来てあっという間に満員になり順番待ちの列が出来てた。
ヨメとムスメはヒレ肉のミニ丼で、俺は今回もロース。そして二人に一切れづつロースを提供し、代わりに一切れづつのヒレ肉をもらうのだがこれは大きさ的にお父さんかなり不利。むむむ~!まあいい…まあ…いい…

P3045264.jpg
そんだけで帰るのもなんだからと松本城に来る。鉄筋コンクリートの名古屋城ロボとは月とスッポン、本物感バリバリでお父さん超大満足。かっこええわ。これが日本の城ですわ。
しかし長野はいい。あっち見てもこっち見てもきれいなお山が見られる。老後は長野に住みたいなぁ。
この後諏訪大社に寄って参拝し、帰りの道中はヨメムスメ共に超爆睡。往復480キロ運転のお父さんより疲れたような顔しくさっとるくっそー。

ブログトップ

安倍青笹山

2017.02.14-15
暇があったので青笹山で一泊して来たのであった。
P2145119.jpg
午後2時半ごろ葵高原から出発。ここまでの林道は積雪のため冬用タイヤ必須。

P2145120.jpg
出だしからもうつるっつる滑りながら登って行く。

P2145122.jpg
登山道に入る前からアイゼン付けちゃって。ここから登山道入りするのであった。

P2145124.jpg
雪があったりなかったりで歩きづらいなぁ。

P2145126.jpg
風穴に到着。

P2145130.jpg
稜線来た来た!

P2145131.jpg
富士山雲の中~~~

P2145138.jpg
なんか期待したほど雪がないなー。

P2145139.jpg
山頂キタ。

P2145142.jpg
とうちゃーく。所用時間2時間ちょい。

P2145143.jpg
夕日は期待できないようだ。

P2145146.jpg
しばらく昼寝してから宴会開始。まあ昼寝前にビールかっ喰らってんですけどね。

P2155152.jpg
翌朝。くそさっぶい中なんとかツエルトから這い出して朝日を拝む。

P2155153.jpg
超快晴で富士山もおはよう。

P2155155.jpg
聖岳さん赤石岳さんおはよう。

P2155159.jpg
寝床と今回デビューの手作りピッケル。昨夜の気温は‐8.5度までは確認した。

P2155160.jpg
タバコポイ捨て

P2155161.jpg
タバコポイ捨て2

P2155162.jpg
タバコポイ捨て3
あちこちにションベンの黄色いシミがあったり相変わらずの低民度。

P2155163.jpg
下降点での富士山。今日の景色はすばらしいな。

ブログトップ

大谷崩・段階的挫折

2017.01.09
雪降ったなー。というわけで、いっちょ大谷嶺まで行って来ようということで出かけたわけ。本当はその前に山伏-青薙山間にある水無峠山から下った水場で一泊して帰るという計画だったのだけど、積雪が結構ガッツリいってるはずなのでやめて、まず第一段階目の挫折として目標を大谷嶺に変更したのです。

P1094834.jpg
俺の車は四駆だぜぇ!と言って熱海峠の雪道でノーマルタイヤが滑って崖にぶつかって行った人を知っているが、俺はそんなことにはならんぞと四駆にスタッドレスという装備で林道をブイブイ登ったね。しかしさすがに終盤の急登は登れずに土石流観測所に駐車して歩いたのである。
11月の塩見岳以降ほぼゴロゴロしてたために体が重い。歩き出して早々に「こりゃ大谷嶺無理だわ」となって第二段階目の挫折。目標を登山口にしてそこでツエルト張ってデイキャンプとしよう。ということになった。
ところが登山口に到着した時点で汗びっしょり。ヒートテック上下あちぃわー。しかしこのままデイキャンプでまったりしてたら寒くなって汗が凍って低体温症でやがて死ぬ。よし帰ろう。と第三段階目の挫折で下山したのであった。
新雪踏むのは気持ちよかった。以上。


profile

かじくら

Author:かじくら
静岡県中部を拠点に歩き回ってるヒマな自営業。
平日に登山へ出掛ける時の、突き刺さすような妻の視線にも耐える強靭な背中を持っている。三十路後半一児の父。

entry
comment
trackback
category
fc2counter
form
rss
link
qrcode
QRコード
copyright
Author by かじくら

Designed by マンゴスチンw

まとめ

山歩きあっちこっち